育毛剤購入の際気を付けたいこと

発毛剤の多くは外国製品ですが、実はその多くは副作用があるのをご存じですか。

近年言われているのは、ミノキシジルの副作用です。

微細な副作用ではありません。

最悪の場合、死に至る可能性もある危険な副作用なのです。

■血圧の上昇

ミノキシジルの発毛原理は、血管を拡張する事により増毛効果を生み出すというものです。

血管拡張剤は血圧を急激に下がってしまいます。

血圧が下がるなら問題ないと思われるかもしれませんが、血管収縮剤と同じくらい危険なことなのです。

血管に負荷がかかり、心臓に負担をかけ、心筋梗塞などの原因となり得るのです。

血圧をコントルールするということは、自律神経のバランスを崩すことにつながり、極めて危険です。

例えば同じ例として、血管収縮剤を用いた点鼻薬がありますが、急激に血管を収縮させるため血圧が急上昇し、
最悪のケースでは死に至ります。

■血圧はサイレントキラー

たかが血圧と侮ってはいけないのです。

高血圧それ自体は病気ではなく、症状の一つです。

原因を取り除かない限り人体は高血圧で重篤な状態に陥る可能性を持っていることを忘れてはいけません。

発毛剤や育毛剤を選ぶなら、血管拡張剤を含まないものを選ぶことがベストです。

■多毛症の症例

一部ではありますが、市販の育毛剤を使ったことで多毛症になったという症例があります。

全ての人に発症するわけではありませんが、可能性があることを留意して購入する必要があります。

■発毛効果を期待

薄毛・抜け毛に悩む人の多くは、新しい育毛剤や発毛剤が出れば、とりあえず試してみるようですが、
これほど話題になっているビタブリッドCを試さない理由はありません。

悩みが深い程藁をも掴む思いでしょう。

脱毛の理由は人によって異なりますが、遺伝的な問題や病気が要因としてあるならば、まずは医師に相談する必要があります。

発毛は自律神経がコントロールするものですから、ホルモンに問題があれば多毛症や脱毛症の原因となりえます。

そうした病的要因を全て取り除いた上でビタブリッドCの実力ほ試したいものですね。

何よりもビタブリッドCは血圧に影響を及ぼすこともなく、肌荒れの原因にもならない高品質な育毛剤なのです。ナイトアイボーテ

ビタブリッドCって韓国製品だけど大丈夫?

近年、近隣国産の食品は大いに問題があり、スーパーなどでも原産国を見るや商品を棚に戻すケースは少なくありません。

自分や家族の健康を守るためにも、食品の安全性には気を使いますが、肌や頭皮に直接つけるコスメはどうでしょうか。

最近では、Made in Chinaのソックスを履いて、足が真っ赤に腫れあがり、尋常でない痒みでみみずばれが残ったなどの前例もあり、
食品やコスメに限らず、あらゆる商品に関して中国や韓国の製品を拒否する傾向にあるのは確かです。

では、今最も注目されているビタブリッドCは韓国製品ですが、評価はどうなのでしょう。

■定評がある韓国製コスメ

韓国製キムチの日本向け商品の製造過程で、つばを吐きいれる従業員の動画がアップされ、日本人としては衝撃を受けずにはいられません。

韓国の日本人に対する嫌悪感は、単に政治的な反感という以上のものがあり、今や両国の関係は過去最低に冷え切っていると言えます。

しかしながら、日本でも多くの韓国人ビジネスマンが居ることから、民間レベルではそこまで冷え切っているわけではないようです。

ただ、韓国コスメに関しては日本女性も並々ならない関心があり、韓国人女性の肌の美しさは評価に値するのです。

育毛剤も例外ではなく、世界中の男性をも注目させている商品と言えるでしょう。

また、韓国はコスメの製造に力を注いでいることから、政治的な歪みを理由に使わないのは損だという声も聴かれます。

■韓国にとっても死活問題

商品の安全性が疑われる様なことがあっては、韓国経済にとっても大きなダメージを蒙ることは言うまでもありません。

全ての商品は日本でも検査があり、必要以上に神経質になることはないと言えるでしょう。

ビタブリッドCに適用されているバイオ技術はアメリカの化学学会誌でも取り上げられ、高く評価されているのです。

また、ネイチャー誌(Nature)でも紹介され、学会における知名度は高いテクノロジーです。

CIDに登録された商品として、その安全性は認可済みです。

ビタブリッドCが主に評価されているのは育毛剤としての実力ですが、世界中の男性にとって薄毛は恒久的な悩みの一つなのでしょう。http://xn--cckdb0lhk4k0k7376ayt3d.xyz/

ビタブリッドCに副作用の心配はないか?

ビタミンCは生活のあらゆる場所、目につくところに様々な形で存在しますが、どんな栄養素も取りすぎは副作用がある可能性があります。

ビタミンCはどうなのでしょうか。

基本的に水溶性のビタミンは体に必要な分だけを吸収し、過剰分は排泄される仕組みになっているため、過剰摂取の心配はいりません。

ビタミンは口から摂取するイメージはありますが、スキンケアやヘアケアでビタミンCを直接塗布する際に不安がよぎります。

ビタミンCを多く含む食品は栄養学的にはアルカリ食品でも、リトマス試験紙は確実に赤くなる酸性です。

酸性により肌荒れが心配されますが、今注目を浴びているビタブリッドCは直接肌に塗布して大丈夫なのでしょうか。

■バイオテクノロジーの粋

ビタブリッドCは髪、ボディ、フェイスにビタミンCの効果を効率的に発揮させる様に造られているもので、薬ではありません。

最も特徴的なのが、ハイブリッド薄膜内のビタミンCがイオン交換方式により皮膚に浸透させ、逆に不要な汗や老廃物を吸収します。

LDHという言葉を聞いたことがあると思いますが、ここでは血中で発見されると臓器不全が疑われる酵素蛋白ではなく、
鉱物に近い物質を指します。

特徴としては陰イオン交換の機能があり、ビタブリッドCはその機能を有効活用しビタミンCを皮膚の奥へと浸透させる役割を担っています。

■ビタブリッドCパウダー

前述の、ビタミンCを多く含む食材を直接皮膚に塗布すると、物質的には酸性が強いため肌荒れを起こしてしまいます。

では食べれば良いのではないか、と思われるかもしれませんが、食べて皮膚にビタミンC栄養分が浸透するまでに、
多くの場合壊れてしまい、あまり効率が良くないのです。

即効性を求めるなら、やはり直接安全に塗布して浸透させるのが合理的と言えるでしょう。

では、肌にダメージを与えることなく、どうやって体の外からビタミンCを取り込むことができるのでしょうか。

ビタブリッドCパウダーは皮膚にとどまり中のビタミンCを長時間浸透させ、それと交換に汗や皮脂などの老廃物や二酸化炭素を取り込みます。

前述のLDHというハイブリッド薄膜が、すなわちビタブリッドCパウダーがそれなのです。

■世界的な最先端技術

このハイブリッドの技術は既に日本は勿論、アメリカやヨーロッパ各国で特許を取得している技術なのです。

皮膚に接触することで、自然な皮膚呼吸によって外と中の物質のイオン交換がおこるため、肌にダメージは全くありません。

■副作用の不安について

口にするもの、肌に塗るものには多くの方が神経質になるのは当然の事です。

自分を守るのは最終的には自分の判断によるため、正しく判断するためには知識が必要でしょう。

先に述べた通り、ビタミンCは水溶性なので過剰摂取による副作用はありません。

口から摂取する際は、稀に尿路結石に悪影響があるなど様々なデメリットが報告されていますが、塗布による副作用はありません。

ビタブリッドCは急激な変化を抑え、毎日少しずつ変化をもたらす様、身体に優しい仕様となっているため、
安心して使うことができるのです。二重まぶた